家庭用浄水器の種類と特徴について

浄水器を設置する家庭が増えていますが、初めて購入する時は何を目安にして選んだらいいのでしょうか。浄水器には種類があるので、設置方法や設置する場所の条件に合うタイプを選びましょう。家庭用には、使いやすくて安全性の高い浄水器がおすすめです。

浄水器には、蛇口直結型、ポット型、据置型(カウンタートップ)、ビルトイン型(アンダーシンク)、逆浸透膜浄水器(RO浄水器)、セントラル型(元栓取付型)の6タイプがあります。

据置型(カウンタートップ)は、本体をキッチンシンクの上に直接設置します。蛇口直結型に比べると処理容量が大きいので家族の多い家庭におすすめです。フィルターカートリッジの交換も6ヶ月~1年程度ですから手間が省けます。

蛇口直結型は、蛇口の先端に直接取り付ける手軽さが人気です。小型で軽量なので設置場所を選ばないメリットがあります。フィルターカートリッジは2カ月から6カ月程度になります。価格もリーズナブルで初期費用を抑えたい方におすすめです。

ポット型は水道水を容器に入れて少しずつろ過します。設置する必要がないのでどこでも使えて便利です。本体は数千円程度から購入できますが、フィルターカートリッジは頻繁に交換する必要があります。

ビルトイン型は、据置型と同程度のサイズですが、キッチンの流しの下に設置するので工事費用がかかります。本体込みで8万円程度から購入できます。ろ過能力が蛇口直結型の2倍ですから頻繁に水を使う方は重宝します。

逆浸透膜浄水器はフィルターの浄水能力が高いので飲料水専用にするならおすすめです。セントラル型は、屋外に設置する大型タイプです。水道の配管に直結させるので、家の水回りですべて浄水を利用できます。工事費用が最低でも40万円程度かかりますが、最近は利用者が増えています。

This entry was posted in 電化製品全般. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>